絶望ネトゲレビュー

当サイトは新作ネトゲの情報やオンラインゲームのレビューを書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

League of legends 評価

ブログパーツ
lol1

正式サービス開始 2010年

Riot games開発のDota系ゲーム。
洋ゲーというやつで、日本ではサービスされていないが日本からでも遊べる。

★★★★★  ★5つです。


※youtubeよりプレイ動画。

Dota系という、日本ではあまり馴染みの無いタイプのゲーム。
簡単にいうと対人ゲー。MMOの育成から対人を1戦に凝縮したような感じ。
Top、mid、Bot、と3つのレーンを侵攻していき先に敵ベースを破壊したチームの勝ち。

ゲーム開始までの流れは、好きなチャンプを選ぶだけでいいのだが、
5vs5なので個人の能力がかなり重視される。
pickする順番によっては使う気の無かったチャンプを使わざるをえない場合もある。

プレイヤーの階級が30になるとRankedというレベルの高いもの同士で戦えるのだが
それまではノーマルで対戦していくことになる。
だがこのノーマル、非常に民度が低い印象。数戦に一回はLeaver(放置)が居る。
先程も言ったとおり5vs5で一人にかかる負担が大きいので
一人でも欠けるとかなり不利になる。残り4人が相当うまくない限り負ける。
サレンダーは開始20分経たないとできない。開始直後に放置されても20分は確実に無駄になる。

ゲーム自体は非常に良いと思う。
単純なようで奥が深く、相手のチャンプを性質を知る、雑魚のLH、チーム構成、
ワード配置、中立クリープ管理・・・など、慣れるまでは辛いが、
やればやるほど本質みたいなものが見えてきてどんどんハマっていける。
ゲーム内容だけでなく、システムもすごく丁寧に作られてるなぁという印象。
ただ残念なのが、1戦の時間が長すぎるのと、ゲームの性質上気楽にプレイできない。
1戦最低20分、長引くと1時間を超えたりすることもある。

2012年現在、世界で一番人気のオンラインゲームである。
世界で一番人気のMMORPGと言われていた「World of warcraft」を抜き、
韓国にサービス展開されるや否やそれまで韓国のネトゲランキングで
不動の1位であった「AION」をも抜いた。
日本人プレイヤーもピークタイムでは3万人の同時接続を記録したとの事。
今まさに最も熱いゲームであろう。
前述のようなLeaverなどが生まれるのもしかたのないことなのだろうか。

賞金が出る大会や、アップデートも頻繁に行われており、開発・運営の意欲が窺い知れる。
世界的な人気作品ではあるが、
全く初めての人にしたら取っ付きづらさなど多少感じるかもしれない。
合う合わないが出るゲームだと思う。気になっている人は是非一度プレイしてみては如何だろうか。

登録はこちらから
[ 2012/01/01 00:00 ] 評価 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。